ふじのくに子ども芸術大学は、文化・芸術の楽しさを教えてくれるワークショップ(体験講座)です。

 

HOME > 2021年 講座申込 > 日本の文化を体験しよう~能と和菓子で学ぶ中秋の名月~

2021年 講座申込

日本の文化を体験しよう~能と和菓子で学ぶ中秋の名月~

講座内容

伝統文化の体験を通して、「礼節・もてなし・日本のこころ」を学びます。

喜多流 能楽師による能体験、とらや工房職人による和菓子作り、そして御殿場産の茶葉を用いた荒井園による煎茶淹れ、これらすべてを実践し日本の伝統文化を理解する体験型プログラムです。御殿場の閑静な場所に佇み、近代数寄屋建築の祖とされる建築家・吉田五十八の作品である東山旧岸邸で日本文化を楽しみましょう。

日時
【第1回】9/4(土) 14:30~18:00
【第2回】9/5(日) 14:30~18:00
主催者
御殿場市東山旧岸邸
会場
御殿場市東山旧岸邸
(御殿場市東山1082-1)
対象
小学4年生~中学3年生
※要保護者付き添い
問合せ
0550-83-0747(火曜休館)
定員
32名(抽選)(各回16名)
申込期間
6/2(水)~8/9(月)
受講料
1,500円

受講を申し込む

塩津 圭介
シテ方喜多流能楽師。3歳2ヶ月で「哲門会」にて初舞台を飾る。NHKの「能楽鑑賞会」や「にっぽんの芸能」など数多くのメディアにも出演する。本講座では、能の指導を主に担当し、まとめでは仕舞を披露する。

荒井 仁
荒井園勤務。静岡県茶手揉保存会理事、日本茶インストラクターとして、上質で個性的な日本茶の製造と普及に努めている。本講座では、分かりやすく茶の湯の世界を紐解き、また日本茶の楽しみ方を指導する。

中野 達也
虎屋の和菓子職人として18年間勤務。虎屋フランスの責任者を8年間務め、一昨年帰国。現在はとらや工房で新商品の開発および後進の指導などを手がけている。本講座では、和菓子文化の解説と和菓子作りを指導する。

ページトップへ戻る

ふじのくに子ども芸術大学実行委員会
〒420-8601 静岡県静岡市葵区追手町9-6 静岡県文化政策課内
TEL.054-221-3340 FAX.054-221-2827
E-mail:arts@pref.shizuoka.lg.jp

  • GRANSHIP
  • 静岡県立美術館
  • SPAC

静岡県の文化施設では、親子が一緒に楽しめるワークショップや公演を実施しています。