ふじのくに子ども芸術大学は、文化・芸術の楽しさを教えてくれるワークショップ(体験講座)です。

 

HOME > 2020年 講座申込 > まるで迷路!?巨大アリの巣をダンボールでつくろう!~森と土の世界へ~

2020年 講座申込

まるで迷路!?巨大アリの巣をダンボールでつくろう!~森と土の世界へ~

講座内容

大自然に飛びこんで身も心もアートする1日!

箱根西麓の大自然の環境で「蟻(アリ)」をテーマに探究します。【午前】森と触れ合い「アリ」を観察し、それぞれ発見したことを共有。アリの巣だってのぞけちゃうかも!?【午後】「もしもアリだったら?」をテーマに、ダンボールや廃材で「アリの部屋」を創作。さらに、ダンボールをどんどんつなげて「巨大アリの巣」をつくって、もぐって…。ダイナミックに身も心も解放したら、もうワクワクが止まらな~い!

日時
10/18(日)
10:30~16:00
(12:30~13:30 昼休憩あり)
主催者
Lab Qrio
会場
三島市立箱根の里
(三島市字北原菅4701番地の1)
対象
小学1年生~小学6年生
問合せ
090-6560-5681
定員
20名(抽選)
申込期間
5/18(月)~8/14(金)
受講料
1,000円

受講を申し込む

水野 哲雄(みずの てつお)
愛知県生まれ。京都造形芸術大学名誉教授。アトリエみ塾主宰。芸術基礎、ベイシックデザインを専門とし、アートやデザインが社会課題を解決することを希望に活動している。「こども」と「アート」の視点で生き方を捉え返すアートと福祉の交差、生活ゴミの資源化を基に、エコライフの愉しさを追求中。

榎本 亜子(えのもと あこ)
神奈川県生まれ。アートラボ15主宰。Lab Qrio代表。幼保の造形指導を経て、子どもの好奇心や主体性を軸に「アートを通した探究型ワークショップ」を企画開催。子どもの価値を見つめ「たのしい親子関係づくりのヒント」を伝えている。ヒトやモノ、環境の価値を捉え直し共感が織りなすハッピーな世界を探求中。

ページトップへ戻る

ふじのくに子ども芸術大学実行委員会
〒420-8601 静岡県静岡市葵区追手町9-6 静岡県文化政策課内
TEL.054-221-3340 FAX.054-221-2827
E-mail:arts@pref.shizuoka.lg.jp

  • GRANSHIP
  • 静岡県立美術館
  • SPAC

静岡県の文化施設では、親子が一緒に楽しめるワークショップや公演を実施しています。